忍者ブログ

beamer

beamer

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タカハシとオリオール

 常駐軍駐屯地から、都へ。オリオールと名乗った男とタカハシは、夜に暮れた草地に細く伸びた道筋を、然して急ぐでもなく歩いていく。
「まず、道順について話しておこうか」
 タカハシから数歩前を歩いていたオリオールは、振り返る事無く説明を始める。
「ランドリートの都からラースナウアの街へと向かうルートは、大きく分けて二つある。アンタア東街道から向かうルートと、オーンアム南街道から向かうルートの二つだ。本来なら、ランドリートを包む外環四街道をそのまま進んでいけばラースナウアに着くらしいんだが、今はまぁ、それどころじゃないらしくてね」
 笑いでも堪えているのか、オリオールの肩が小さく揺れた。
「アンタアから廻る場合は、希望の平原からポリツェルッツェンの村を北に抜けて、そこから巨岩の荒野を経由してオータの河を渡ればラースナウアに着く。オーンアムから廻る場合は、途中で島中央の山岳に入り、オーンアム間道を通ってマルダの村へと移動する。そこから山中公路を通って北へ向かえばラースナウアに着く。どちらもかなり危険らしいが……どちらかといえばオーンアム南街道からのルートを使った方が楽らしいね」
(楽、か)
 タカハシは、オリオールの言葉に軽く首を傾げる。四つあるフローリアの大島のうち、最も安全であるとされるのがこのランドリートの島だという。ならば、どのルートを通ったところで楽なことには変わりないのではないか。
 タカハシがそう尋ねると、オリオールは唐突に立ち止まって、じっと前方を見据えた後、軽く嘆息。そして疲れの混じった声音で続けた。
「本来ならば安全らしいんだが……聞いたところによると、このランドリートの島でも鬼種や亜獣の動きが活発になってるっていう話でね。かなり治安が悪くなっているらしい。ほら、その証拠に──」
 そこでオリオールは言葉を切り、自分達が歩いていた道の先を示す。そこには、タカハシ達の姿を見つけ、『獲物』を狩るために動き出した凶暴な獣の姿があった。
「都の近くでも、こういう類の獣がでるようになってる。島の奥地の方じゃどうなってるか、想像するだけで憂鬱になるね」
 確かに彼の言う通り、この島はもう安全な場所ではなくなっているらしい。
 タカハシとオリオールは武器を構え、襲い掛かってくる獣と相対する!


浮気が初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
beamer
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R